人は誰でも死ぬ。だからこそ、死と向き合わなくてはならないことを教えてくれたアニメ。

あたしが影響を受け、そしてここで紹介するコミックは、鬼頭莫宏教官作品、「ぼくところの」だ。こういう品物は、通称ロボットマンガであり、高さ500メートルの極太ロボット「ジアース」が仇のロボットをやっつけ、地球を続けるお話だ。パイロットは複数呼び名の少年ギャルで、ここまではロボットマンガとしては物珍しい設定ではありません。機体の分量が物凄くポリスいと言うくらいでしょうか。ガンダムやマジンガ―Zは18メートル度合いだ。

こういう品物の設定で衝撃的なのは、パイロットは、戦闘あと、必ず死ぬ、ということです。主人表面たちが跨るロボット「ジアース」のパイロットとして選ばれた少年ギャルは15人。はじめ回の戦闘ではじめ人、運営者として選ばれ、闘い、勝ち、そして死にます。ロボットの作動に、人はじめ人の大事を扱うのです。はじめ人まぶたは戦闘あと、ロボットから転落して死んだと思われていましたが、二人まぶたはまるで心臓発作でも起こしたかのようにその場で死んだことから、少年ギャルはこういうロボットのマッチの定説をわかることになります。その後、奴らは、自分たちが必ず死ぬ、という現状と向き合わなくてはならなくなりました。

死と立ち向かう。これがこういう品物の件だ。定説を知らされて以降のパイロット陣はじめ人はじめ人は、各々の狙いで死と向き合っていきます。死ぬ前に恨みの居残る相手に仕返し始める者、死んだあと、自分の内臓を病気に耐える友人に提供する者、愛する親子を続けるために大事を扱う者、様々です。そして、少年ギャル陣が死と取り扱うように、読者です私も一緒に死と扱うのです。

人は死にます。レアケースなどありません。話の奴らは、ロボットの定説によって死なねばなりませんが、私達の掛かる現実の世界も、大勢は理不尽に死に直面します。だからこそ、生きている間に、しっかりと自分自身で考えなくてはならないのです。あたしは、こういうコミックを通してそれを知りました。学生が親バレ無しでお金借りるには?

賃貸ワンルームを解約するときの立会の方にしゃべり積み重ねる女にイラっとしました

私の奥さんは、昔から別人間との開きが異常にくらい、所帯往訪に来たドクターに一般話をし続けたり、僕や姉の仲の良い友達に組織銃のように話しかけ、仲の良い友達を失いかけたこともありました。その度に相当イライラして、奥さんに世話もしたのですが、教科書人間は悪いことをした自覚が無く、全く聞き入れません。ですが、私も大人間になり、結婚して離れて暮らしていたこともあり、少し冷静になってきて、別に悪いことをやるわけでもないかと思えるようになってきていました。
事情があって、最近年の11ヶ月から数ヶ1ヶ月隔たり、奥さんが私の家の近くに賃貸ワンルームを借りていました。奥さんはもう70代なので、借り入れる時も解約する時も各種タスクをほぼ僕がしており、取り消しときの立会にも同席しました。立会の結果来られた男性は、とても態度がすばらしく、話し上手な方でした。その方が奥さんに話しかけた時期から、不愉快眼識がしましたが、やっぱり、奥さんはずっとしゃべりっぱなしで、もう立ち寄りません。コツを戻す時も、僕が与えた取り消しときの精算費用を数えておられる時でさえ、話しかけ積み重ねるのです。明らかにお役目のいざこざになっているし、僕が精一杯しるしを送ったのですが、勘づく気配はみじんもなく…。座敷を確認されている時に、その方を追い掛けて話を積み重ねる奥さんに、心底イラっとしました。お仕事をしながら、逐一奥さんの問い掛けにリアクションをやるその方に、申し訳ないやら、恥ずかしいやらでつくづく嫌になりました。
やっぱり、奥さんのあの組織銃トークを許せる太陽は来なさそうです。毛深い女性の悩みを聞いてください。

コスメティックはまぶたが厚い人間はなかなか酷い

こちらはほぼ一重にしか見えない深層ダブルだ。こういう微妙な深層二重のおかげで、アイラインを引いても眼が覆いかぶさってにじんでしまうし、化粧映えしないしいいこと無しでした。引け目とまではいきませんが、二重にできたら化粧も楽しくなってボルテージも出るだろうなと思っていました。ある日ネットの化粧品の感想ホームページを見て、「アイプチリキッドテープ」という物品があることを知りました。値段も千円前後で安いし、これは試してみる旨味はいらっしゃるぞと見なし早速薬局で購入しました。
眼に二重に狙う幅で専用の筆を使ってリキッドを塗り、乾いたら自然に二重になっているという物品だ。ただ始めは苦戦しました。眼がくっついてしまったり、二重にならなかったりしました。慣れてくるとうまく二重に望めるようになりました。こちらが独自に考え出した手掛かりなのですが、リキッドが乾いたら、二重の幅をする時に使う器具で眼を突き止めながら目を開けると成功することが多いです。
少し眼がつっぱる感じはありますが、自然に二重に望めるのでとても愛する。ただやはり少し面倒ではあるので、催事事が残る場合や特別な機会だけ使用するといった感じです。