コスメティックはまぶたが厚い人間はなかなか酷い

こちらはほぼ一重にしか見えない深層ダブルだ。こういう微妙な深層二重のおかげで、アイラインを引いても眼が覆いかぶさってにじんでしまうし、化粧映えしないしいいこと無しでした。引け目とまではいきませんが、二重にできたら化粧も楽しくなってボルテージも出るだろうなと思っていました。ある日ネットの化粧品の感想ホームページを見て、「アイプチリキッドテープ」という物品があることを知りました。値段も千円前後で安いし、これは試してみる旨味はいらっしゃるぞと見なし早速薬局で購入しました。
眼に二重に狙う幅で専用の筆を使ってリキッドを塗り、乾いたら自然に二重になっているという物品だ。ただ始めは苦戦しました。眼がくっついてしまったり、二重にならなかったりしました。慣れてくるとうまく二重に望めるようになりました。こちらが独自に考え出した手掛かりなのですが、リキッドが乾いたら、二重の幅をする時に使う器具で眼を突き止めながら目を開けると成功することが多いです。
少し眼がつっぱる感じはありますが、自然に二重に望めるのでとても愛する。ただやはり少し面倒ではあるので、催事事が残る場合や特別な機会だけ使用するといった感じです。